重要なノウハウ

公認会計士の勉強方法として重要になってくるのが、いかに実戦向きの勉強をするのかという面になってくるでしょう。どんなに業務ができる能力があっても、試験に合格できなければ勝負にはなりません。試験に通過しなければ、どんなに頑張っても公認会計士になれないのですから、試験に合格できるだけの対応力を身につけなければいけないでしょう

勉強試験には、問題の傾向が存在し、対応できるだけの資料と分析力がなければいけません。書籍には一部出ていますが、常に最新の情報で対応できているわけではないのが問題です。一般的な生活を送っていれば、当然対応はできないでしょう。講座に通って勉強をするのが効率的なのは、こうした情報を持っているだけではなく、そこから亜勉強方法を導き出しているからです。このノウハウの蓄積に関しては、独学ではどうやっても太刀打ちできないレベルにあります。効率的に合格を目指す部分では、絶対的な力を持っていることになるでしょう。

その後、論文形式の試験の時には、さらに違いを感じます。どうやって答えたらいいのか、そのノウハウも持っているからです、合格後の流れも考えていけば、講座に通って早期合格を目指し、活躍できるロードマップを描くのは、当然の選択になるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket